So-net無料ブログ作成

そうなんですね [日本語教育]

講師会議のあとの昼食会で「そうなんですね」が話題になった。
校長がいうには、若手の事務の男性が電話の受け答えに「そうなんですね」をよく使うのが気になって仕方がないという。「そうですか。そうなんですか」が正しいのではないかと憤慨していた。
すると、ある先生も「自分の子供もよく使うので、おかしいと気になっていた」という。しかし、40代の先生が「自分もよく使う。あまり賛成していない、まあどちらでもいいような時に使う」と言っていた。相手の言うことを兎に角受け止める「そうなんだ」を丁寧にいう感じだという。
講師仲間では、使う、使わないが半分くらいだった。
うちの娘に聞くと「たとえば、『ああ、疲れた』と誰かが言ったとき『そうなんですね』と使うという。確かに、この場合『そうですか』とか『そうなんですか』と言うと冷たく突き放した感じがしないでもない。でも、自分が言うとすれば、『お疲れ様。大変だったのね』とかいうだろう。

私についていえば、今日話題になった使い方では使わない。
使う時:
1、自分が知っていることを相手が言った場合
「写真を送るときLineを使うと便利でしたよ」
「そうなんですね。わたしもよく使っています」
2、相手から言われたことに同意する場合
 「○○線はよく遅れるので、ほんとに困りますね?」
 「そうなんです(よ)ね。だから、私は少し早めに家を出ているんです」
要するに、相手の持っている情報を自分も持っている時でないと使わない。

辞書をみると
終助詞①相手に同意を求める。「いい天気ですね」②相手に確かめる。「あしたの集合九時ですね」 ③相手を納得させようとする気持ちをあらわす。「それはいいと思わないね」
(「ね」には感動詞もあるがこれはここでは関係ない)

だから、レポーターが質問して、相手が解答したことへの相槌「そうなんですね」には違和感がある。
「これはどう使うんですか」
「こうやって使います」
「そうなんですねー」
若い女性がソフトな言い方でいうから、②の確かめる使い方には聞こえないだろうが、実は「そうなんですね。確かですね。」と確かめる失礼な言い方だ。
ここは「そうなんですか!(もちろん、この文末の「か」は下げて言う)と言ってびっくりしてほしい。


*********************************************
私たちは日本語を教えるかたわら、教科書作り、日本文化の紹介等の活動もしています
私たちのホームページをご覧ください。
http://www014.upp.so-net.ne.jp/nbunka/learn.htm
正hyosi.png

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0