So-net無料ブログ作成

降り続く 泣き続ける [日本語教育]

学生の質問に
降り続く と 泣き続ける
降ると泣く、どちらも自動詞なのに、どうして自動詞の続くと他動詞の続けるを使い分けるのか。
そして 泣き止むになると他動詞止むが付くのはなぜかというのがあった。


複合動詞で自動詞・他動詞の区別をあまり気にしてこなかったが、この際調べてみた。  

*まず、自動詞は自動詞、他動詞は他動詞につくとは限らない。

他動詞+自動詞  見回る 書き終わる       
他動詞+他動詞  買い支える 取り出す 書き終える
自動詞+他動詞  乗り換える 笑い飛ばす 飛び出す 減り続ける
自動詞+自動詞  飛び降りる 走り回る 滑り落ちる 「泣き止む」はこれだ。

*自動詞+自動詞のなかで「続く」は特別?
「雨が降り続く」 雷が鳴り続く 火が燃え続く?× 日が照り続く×
風が吹き続く× 
★続くに結びつくのは 降ると鳴るくらいしかないらしい。 
自動詞+他動詞の「~続ける」何にでも使える
雨が降り続ける 雷が鳴り続ける 火が燃え続ける 「泣き続ける」はこれだ
日が照り続ける 風が吹き続ける 本を読み続ける 仕事をし続ける

他にも
降り始める○降り始まる×
降り終わる○降り終える×

結局覚えるしかない?




*********************************************
私たちは日本語を教えるかたわら、教科書作り、日本文化の紹介等の活動もしています
私たちのホームページをご覧ください。
http://www014.upp.so-net.ne.jp/nbunka/learn.htm
正hyosi.png

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント